Invoker

レンジ - キャリー - ヌーカー - ディスエイブラー - エスケープ - プッシャー

全体

15 + 4.60
14 + 1.90
18 + 2.40
27 - 33
280
1.96

Quas

Allows manipulation of ice elements. Each Quas instance provides increased health regeneration.


Wex

Allows manipulation of storm elements. Each Wex instance provides increased attack speed and movement speed.


Exort

Allows manipulation of fire elements. Each Exort instance provides increased attack damage.



伝記

初期段階において、もっとも強力な形態であったと言う者もあるが、魔術は主に記憶術であった。技術は不要で、杖も装備もいらない。必要なのは魔術師の精神だけだった。儀式に必要なすべての装飾品は、呪文の力を解き放つために必要な精神状態を詳細に思い出させるための、単なる記憶補助でしかなかった。当時の偉大な魔術師は全員記憶力に優れた者たちであったが、それでも、召喚術は非常に複雑なためすべての魔術師は専門性を持つ必要があった。最も献身的な者さえ、一生のうちに3つ呪文を覚えられたら、と望む。できたとしても最大4つだ。普通の魔術師は2つ獲得すれば満足し、村の魔導士ならば1つしか知らないということもあり得る。それでも、有事に魔術を使うときには忘れないように魔術の手引書を必ず必要とした。初期の熟練家の中にたった一人の例外がいた。その天才は膨大な知性と膨大な記録を誇り、Invoker として知られていた。早熟な彼は若いころに4つ、5つ、いや7つの呪文を取得した。10以上の呪文を唱え、即座に使うことができた。それ以上学んだが、無駄だと考え、より実践的な召喚を覚えられるよう、一度練習してからは記憶から消しさった。その中の一つは Sempiternal Cantrap という長生きの呪文で、天地に強力なため世界ができたその日に唱えたものはいまだに生きているという。(原子に砕かれていない限り)彼らのような準イモータルは、秘密がばれるのを恐れて静かに暮らしているが Invoker は自分の才能を隠しておくタイプではなかった。彼は誰よりも知識を蓄えた古の存在で、その脳にはいまだ、自身の莫大な価値観を蓄えるだけの余地があり、世界がゆっくりと終わりに近づくたそがれまでの時間を楽しむための呪文を覚える余力もまだあるという。

データ

25
15
1
レベル
1,966
1,130
492
ヒットポイント
1,890
1,032
195
マナ
172-178
106-112
42-48
ダメージ
11
6
2
アーマー
 
1800 / 800
視界
600
攻撃範囲
900
発射体速度

アビリティ

Quas

Allows manipulation of ice elements. Each Quas instance provides increased health regeneration.


アビリティ: 指定なし
ダメージ: 0 / 0 / 0 / 0
数値ごとのHP 自然回復: 1 / 3 / 5 / 7 / 9 / 11 / 13

Wex

Allows manipulation of storm elements. Each Wex instance provides increased attack speed and movement speed.


アビリティ: 指定なし
ダメージ: 0 / 0 / 0 / 0
数値ごとの攻撃速度: 2 / 4 / 6 / 8 / 10 / 12 / 14
数値ごとの%攻撃速度: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7

Exort

Allows manipulation of fire elements. Each Exort instance provides increased attack damage.


アビリティ: 指定なし
ダメージ: 0 / 0 / 0 / 0
数値ごとのダメージ: 2 / 6 / 10 / 14 / 18 / 22 / 26